SFC修行2018スケジュール、PP単価、SFCカード取得まで

hawaii

スポンサーリンク




SFC修行2018スケジュール、PP単価、SFCカード取得まで

ANAのスーパーフライヤーズ会員(SFC)になるために、2018年にSFC修行を行いました。
プラチナメンバーになりSFCカードを発行してSFC会員になりました。

今回は、SFC修行のスケジュール、費用、プラチナメンバーを達成し、SFCカードを発行して届くまでをご紹介したいと思います。

SFCカード
スポンサーリンク

ANAマイレージクラブのプレミアムメンバーとは

飛行機に乗ることで、マイルとは別にプレミアムポイントが付与されます。1年間のプレミアムポイント数で、翌年度のプレミアムステイタスが決まります。3万プレミアムポイントでブロンズ、5万プレミアムポイントでプラチナ、10万プレミアムポイントでダイヤモンドステイタスになります。

プレミアムステイタス

沸騰ワードで、風間俊介さんが、マイルではなくステイタスと言って、JALのステイタスを目指していましたね。プレミアム飛行機をよく利用してくれる人向けのVIPサービスです
ビールや食事が提供されるラウンジが無料で利用できたり、特典航空券が取りやすくなったり、飛行機への登場で優先されたりします

ブロンズ
3万PP
(ANA1.5万PP)
プラチナ
5万PP
(ANA2.5万PP)
ダイヤモンド
10万PP
(ANA5万PP)
専用サービスデスク
ANA SUITE LOUNGE
ANA LOUNGE マイル/アップグレードポイント
コンシェルジュ
座席のアップグレード
国内線特典航空券、座席指定の優先
国内線特典航空券の空席待ち
国際線特典航空券の優先
国内線手数料の免除
優先チェックインカウンター プレミアムエコノミーカウンター
手荷物受取優先
手荷物許容量優待 国内線のみ
専用保安検査場
専用搭乗
空港での空席待ち優先
羽田空港駐車場優先予約
アップグレードポイント
フライトボーナスマイル 40〜55% 90〜105% 115〜130%
ANAカードボーナスマイル 40〜55% 90〜105% 115〜130%
マイルの有効期限の延長
マイルからスカイコインへ特別倍率で交換
IHG、ANAホテルズグループでの優待

ステイタス取得に、どのくらいの航空券代がかかるかというと、1プレミアムポイント=約10円です。プラチナで約50万円、ダイヤモンドで約100万円分の航空券代がかかります。

ステイタス別プレミアムメンバーサービス一覧
HP:https://www.ana.co.jp/ja/jp/amc/reference/premium/service-comparison/

スーパーフライヤーズ会員(SFC)とは

プレミアムメンバーのステイタスの期限は1年間です。毎年、資格をクリアするために飛行機に乗るのは大変ですよね。しかし、5万プレミアムポイントでプラチナステイタスになると、SFCになるためのスーパーフライヤーズカードに申し込みができるようになりますSFC会員はほぼプラチナステイタスと同じサービスを受けることができます。違いは国内線の先行予約受付がない、フライトボーナスマイルが40%、マイルからスカイコインが1.6倍となることくらいです。

カードを発行してカード更新を続けていくことで、半永久にプラチナステイタスを保有できます。また、SFCは家族カードを発行することで、家族も同様のサービスを受けることができるので、家族で利用する時にはお得です。

スポンサーリンク

どうしてSFCを目指そうと思ったか?

SFC会員になるためには、約50万円の費用がかかります。半永久的にといっても50万円は高すぎますよね。私はの以下の3つの理由から、今回SFCを取ろうと決めました。

飛行機に乗る機会が多い

私の場合、ポイントサイトでマイルを稼げるようになってから、毎年海外旅行に行ったり、
実家へ帰省したりと頻繁に飛行機を利用しています。
そのため、サービスを受ける機会も多く元が取れるかなということです。

特典航空券が取りやすくなる

マイルを貯めていざ特典航空券を取ろうとした場合、人気路線は取れないことが多いです。
SFC会員になることで一般会員よりは席数が増えて取りやすくなったり、ビジネスクラスを取る場合の人数が増えたりします。来年あたりに家族3人でビジネスクラスの特典航空券を取って旅行を考えているのですが、調べてみると一般会員ではビジネスクラスの特典航空券は2席までしか取れず、SFCだと3席まで取れたりします。

ポイントサイトで貯めたマイルを使って費用50万円を節約できる

ポイントサイトを利用してマイルが貯まりやすくなったため、費用の50万をマイルを使ってスカイコインにすることで、費用を抑えることができます。

ポイントサイトの1年目の利用実績を公開!30万ポイント獲得(30万円分)

2017.08.25

SFC修行のスケジュールと費用

私は家族もいるため、一人旅行でなるべく時間と費用をかけずに行いました。4月ごろに急遽思い立って、2018年にSFCを取得しようと思ったため、すでに航空券は発売されており羽田-沖縄でも、10月までは1プレミアムポイントあたりの単価(PP単価)が良くありません。

なるべく価格、時間を節約するため、PP単価の高いエアチャイナのシンガポールと羽田-沖縄が中心です。あとは実家の帰省を活用しています。

プラチナメンバーになるためには、5万PP必要でそのうちANAで2.5万PP貯める必要があります。そのため、エアチャイナの利用は2回までとなっています。

フライトスケジュール

結果は、14日間、27レグで、PP50.537、費用434,890円とPP単価8.6円とまずますの結果になりました。エアチャイナのシンガポール便以外はマイルを使ってカバーしたので、手出しは約20万円でした。

家族もいるため、一人旅行はなるべく時間と費用をかけずにエアチャイナのシンガポールは1回目は空港から出ずにすぐに折り返すというSINタッチ。2回目はSPGポイントで1泊無料宿泊をつけて観光をしました。エアチャイナはビジネスクラスでフラットシートで睡眠がとれることもあり、快適で楽しい旅でした。

エアチャイナ ビジネスクラス 成田-シンガポール-羽田 0泊2日を体験!

2018.06.11

エアチャイナ ビジネスクラス 羽田-シンガポール-成田 1泊3日を体験!

2018.07.05

沖縄は8往復しており、1度も空港から出ていません(笑)。後半は飽きてきますし、最後は1日2往復とこれが一番きつかったです。

費用を抑えたいなら、沖縄便をひたすら往復するというのも手ですが、おすすめできません。スケジュールが問題なければ、PP8~10円を目安に海外旅行をして楽しみながら行うのがいいかもしれません。

プレミアムステイタスは、翌年からのステイタスですが、達成すると事前サービスを4月中旬から受けることができます。もし、1年9か月の間ステイタスを受けたいのであれば、1~3月の間に達成するスケジュールがおトクです。

スポンサーリンク

プラチナステイタスへの変更

プレミアムポイントは、飛行機搭乗後の翌日朝には付与されます。プレミアムポイントが付与されて5万PPを超えた翌日に、プラチナステイタスに変更になります。

 11/17 フライト
 11/18 5万PP達成
 11/19 プラチナステイタス

ステイタス

SFCカードの発行、届くまで

SFCカードは、プラチナステイタスになった後に、Webか電話で申込書をリクエストする必要があります。プラチナステイタスになった会員番号でログインしてください。

SFCカード申込書申請
HP:https://www.ana.co.jp/amcservice/amcimg/renew/sfc/
SFC申込書

SFCカードの種類は一般、ゴールド、プラチナ、ブランドはJCB、マスター、VISA、アメックス、ダイナースがあります。SFCカード申込時にカードブランドを変更することも可能ですが、新規入会になりカード審査があります。

SFCカードラインナップ
HP:https://www.ana.co.jp/ja/jp/amc/reference/premium/sfc/

基本は、すでに持っているANAカードでSFCに変更するのがおすすめです。変更する場合は、申込書にANA会員番号、氏名を記載するような簡単な記入だけです。マイラーの方は、ANA VISAワイドゴールドが多いと思いますが、そこからSFCのVISAゴールドカードにするのがおすすめです。VISAワイドゴールドカードと同様にWeb明細サービス、マイ・ペイすリボへの登録・利用で、年会費が割引になります。

年会費 家族カード年会費
ANA VISA ワイドゴールド 15,120円
割引10,260円
4,320円
割引2,700円
ANA VISA ゴールド 16,200円
割引11,240円
8,100円
割引6,480円

カードが届くまでのスケジュールはこんな感じでした。

 11/19 Webより申込書申請
 11/22 申込書到着
 11/23 申込書投函
 12/6 カード到着

ラウンジカード

プラチナステイタス達成後、数日でラウンジカードが届きます。ANAマイレージアプリを入れていれば、ステイタス画面でANAラウンジは入室できます。海外でスターアライアンスのラウンジを利用する際にはラウンジカードが必要になります。

ANAラウンジカード

その際、本会員のカードしか届きませんでした。SFCカードを発行し、家族カードも発行する場合は、別途 家族分のラウンジカードを発行する必要があります。ラウンジはSFC会員+同行者1名ですが、子供もいる場合は家族カードおよび家族のラウンジカードを発行した方がいいでしょう。

これで、飛行機に乗る際もワンランク上のサービスを受けれるようになり、旅行がグレードアップしました。
ポイントサイトでマイルを貯めて、SPGアメックスでラグジュアリーホテルに宿泊と、無料で豪華な旅行を楽しんでいます。毎年ハワイに行けているのもこのおかげです。

ポイントサイトの1年目の利用実績を公開!30万ポイント獲得(30万円分)

2017.08.25

SPGゴールド会員でシェラトンワイキキに6泊!メリットは?(最新)

2017.07.21

SPGアメックスでシェラトン・ザ・リッツ・カールトン東京にポイントで無料宿泊!メリットは?

2017.08.24

スポンサーリンク




年間25万マイルが貯まる!?
毎年ハワイに行ける
ポイントサイトを解説




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください