SFC修行OKAタッチ 1日2往復の注意点、保安検査場再入場の必要は?

ANA

スポンサーリンク




OKAタッチ 1日2往復の注意点、保安検査場再入場の必要は?

2018年にANAのSFC修行を行い、プラチナステイタスを達成しました。

ANAの修行ルートとして有力な羽田-沖縄便ですが、1日2往復したり、那覇空港に到着してすぐに羽田に折り返す日程を組むと思います。その際の注意点などをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

1日2往復はカウンターでチェックイン

羽田-沖縄便を1日2往復するスケジュールを組んで予約すると、予約一覧に同一日に複数予約がありますと赤く表示されます。場合によっては取り消しになるということが書かれていますが、これは大丈夫です。

空港についてスキップサービスを利用する時に注意が必要です。保安検査場の読み取り機にかざすと、複数予約とエラーが出てしまいます。同一日に複数予約があると、カウンターでチェックインの手続きをしてからでないと保安検査場が通過できないので注意してください。2往復目も毎回捕まってしまうので、最初に1日分をチェックインして発券してもらうのがおすすめです。

カウンターでチェックインをする必要があるので、早めに空港に行きましょう。

保安検査場読み取り機

OKAタッチはチェックインしていれば保安検査場の再入場の必要なし

那覇空港に到着してすぐに羽田に折り返す日程のOKAタッチですが、那覇空港に到着するゲート付近がそのまま羽田空港に向かうゲートになります。下の図で31~36辺りです。

搭乗ゲート

一度到着ロビーに出て、再度保安検査場を通過する必要があるのでしょうか?出発までが1時間を切っていると、そのまま搭乗ゲート付近にいたいですよね。

カウンターでチェックインしていれば、一度出る必要はありません。スキップサービスだから自動でチェックインするはずと思っている方もいるかもしれませんが、保安検査場の読み取り機がチェックインになるので、那覇空港でタッチしていない場合は注意してください。最悪、チェックインがないので席がキャンセルになり、空席待ちの人に譲ってしまうことになるかもしれません。

那覇空港の到着ゲート付近に、ANAカウンターがあります。そこでチェックインしてほしいと伝えれば再入場せずにチェックインできます。

1日1往復の場合は、羽田空港でスキップサービス、那覇空港の到着ゲート付近の乗り継ぎカウンターでチェックインすれば大丈夫です。時間があれば羽田空港でチェックインしておきましょう。
ANAカウンター

スポンサーリンク

OKAタッチは同一クルー?

OKAタッチをすると、往復で同一機材で同じクルーの可能性が出てきます。そんなの気にしないという人であれば大丈夫ですが、避けたいという人は、便名をチェックしてください。往路と復路で便名が通し番号の場合は、同一機材で同一クルーの可能性が高いです。

例えば、ANA993を利用して羽田から沖縄、ANA994を利用して沖縄から羽田の場合、ANA463を利用して羽田から沖縄、ANA464を利用して沖縄から羽田の場合などです。

往復 便名 機材 時間
羽田→那覇 ANA461 738 6:10-9:10
羽田→那覇 ANA993 78P 6:35-9:30
羽田→那覇 ANA463 773 7:40-10:35
那覇→羽田 ANA994 78P 10:15-12:30
那覇→羽田 ANA464 772 12:25-14:40
那覇→羽田 ANA996 772 13:05-15:20

予約の際に、通し番号は避けていたのですが、どうしても避けれない日程があり、その時はやはり同一機材で同一クルーでした。
席も同じ辺りを予約しており、ドリンクサービスも同じ人だったので多分気づかれたと思います(笑)。

カードラウンジ華~hana~

1階の到着ロビーに、カードラウンジ華がありますが、こちらはあまりお勧めできません。
無料のドリンクとコンセントはありますが、景色も見えない閉鎖空間で狭く、隣通しの距離感も近く、ゆっくりできません。また、気を付けたいのが、持ち込みした飲食が禁止されていること。受付でも注意されますので、ぽーたまのおにぎりを買って、こちらの無料ドリンクを飲みながら食べることはできませんので、注意してください。つまみスナックの提供だけなので、持ち込みしても良さそうな気がするんですけどね。
ラウンジ華

SFC修行2018スケジュール、PP単価、SFCカード取得まで

2018.12.18

エアチャイナ ビジネスクラス 成田-シンガポール-羽田 0泊2日を体験!

2018.06.11

マリオットゴールド会員でシェラトンワイキキに6泊!メリットは?(最新)

2017.07.21

スポンサーリンク




年間25万マイルが貯まる!?
毎年ハワイに行ける
ポイントサイトを解説




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください