初級編①:ANA JAL マイルを貯める方法まとめ!ポイントサイト(2018年最新)

hawaii

なぜマイル?

このブログのタイトルにしている、「毎年家族でハワイに行く」を実現するためにはどうするか。
みなさんも毎年海外旅行したいと思いませんか?

毎年海外旅行に行くためには、旅費をどう用意するか。
夏のピークを少しずらした7月中旬までと、9月に家族3人で1週間ハワイに行くと、大体50万円くらいはかかります。
飛行機とホテル代で40万円、食事代で10万円程度。お土産などを買うとさらに必要です。
やりくりすれば何とか2年に1回は。。。

そこで、旅費を抑えるためには、マイルを使用するのがとても有効なんです。
ハワイの往復航空券を取るのに、1人4万マイル、3人で12万マイル必要です。
さらに、航空会社のマイルをポイントに換えると約1.5倍で交換でき、航空会社のパッケージツアーの旅費にあてることもできるので、ホテル代もまかなえることができます。
私は、6回ハワイに行っていますが、2回はマイルを使用して特典航空券を利用して航空券代はタダで行っています。

マイルがおトクなのはみなさんもご存知かと思いますが、今回は効率よく年間25万マイル以上貯める方法をご紹介したいと思います。
7月に特典航空券を利用してマイルを使ってしまいましたが、すでに往復分貯まっています。

私もポイントサイトを始めて1年で30万ポイント(27万マイル)も貯まりました。

ポイントサイトの1年目の利用実績を公開!30万ポイント獲得(30万円分)

2017.08.25

マイルをどうやって貯める?

私は実家の帰省で飛行機を利用していることから、なんちゃって陸マイラーを10数年前からやっていました。
なんちゃっての理由は、①飛行機に乗る、②クレジットカード決済の2つでしかマイルを貯めていなかったから。

2016年7月に特典航空券を使ってハワイに行き、やっぱり航空券だけでもタダになると経済的に楽だよな。次回マイルが貯まるのは2年後かぁ。。。
もっと効率よくマイルが貯められないかと色々と調べたところ、③ポイントサイトを利用する方法で、さらにマイルを貯められることが分かりました。

ポイントサイトって大丈夫?と思う方もいるかと思いますが、私も実践してお金をあまりかけずに毎月2万マイルずつ、ANAのマイルがどんどん貯まっていきます

おさらいですが、基本のマイルの貯め方は以下の3つです。

  • ①飛行機に乗る(年数千マイル)
  • ②クレジットカード決済※入会キャンペーン(年3万マイル)
  • ③ポイントサイト(年22万マイル)

これらの合計で、年間25万マイル以上貯めることができるんです!

①飛行機に乗る

1つ目は、地道に飛行機に乗ることで、マイルが貯まります。
こちらはマイレージ会員になって飛行機に乗れば自動で貯まるので、あらためて紹介する必要はないと思います。

仕事で何回も乗る方以外は、そんなに貯められないと思うので、こちらはコツコツ貯めていきましょう。

②クレジットカード決済

2つ目は、ANA、JALカードを作って、そのカードで決済をしてポイントを貯めてください。色々とポイントが貯まるカードがあると思いますが、カード決済はマイルを貯めるカードに絞った方がいいです。

ANAの場合、還元率が一番いいカードは、ANA VISAワイドゴールドカードです。還元率は約1.7%です。

JALの場合、普通カードで、ショッピングプレミアムに入会して還元率約1%。年会費が多少高くなりますが、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは還元率1.125%です。あまり変わらないと思うようであれば、普通カードでもいいと思います。

還元率だけだと、ANAにした方がたくさんマイルが貯まりますね。

また、これらのカードを新しく入会する際は、一番マイルを貯められるチャンスです!
入会キャンペーンというものがあり、例えば、半年で30万円以上利用すると10,000マイルプレゼントされるといった感じです。
初回しか利用できないので入会キャンペーンでたくさんもマイルがもらえる時を狙って入会してください。

さらに後述するポイントサイト経由で入会すると、ポイントサイトでの入会ポイントと、カード会社での入会キャンペーンのダブルでポイントがもらえるので、カードを発行する場合は、ポイントサイト経由で必ず入会しましょう。
VISAカード、アメックスなどが数万マイルもらえるキャンペーンをよくやっているので、チェックしてみてください。

③ポイントサイト

3つ目は、ポイントサイトです。これが一番重要で、お金をあまりかけずにポイントを貯めることができるんです。
ただし、ポイントサイトは理解するのが難しいです。

友人に勧めたところ、理解してもらうまでが大変でした。その時に必要だった情報も含めて少し丁寧に解説します。
解説することがたくさんあるので、今回は全体の概要だけ理解してポイントサイトは何かよさそうと思って頂ければ大丈夫です。

ポイントサイトはあやしくないの?

ポイントサイト、最初は私もあやしいサイトかと思っていましたが、そうではありません。

ポイントサイトでもらえるポイントは、企業からのプロモーション費用が原資となっており、利用者にインセンティブを渡してとりあえずは入会してもらい、気に入ってもらえばそのまま使ってもらうという仕組みです。辞めてしまっても利用者は問題ないです。
このような企業がインセンティブを入れた広告が集まって見つけやすくなっているのが、ポイントサイトと思って頂ければいいと思います。

しかも、ポイントサイトは最近始まったものではなく、数年前からあります。
これまでにたくさんのポイントサイトができて、今ではある程度よいサイトしか残っていません。

また、たくさんの人が試して実行しているので、ポイントをもらえる条件をクリアするにはどのようにしたらよいかも、すでに色々なブログサイトで解説もされているので、FXなんてやったことがない人も安心してスタートできます。

ポイントサイトのポイントからマイルへ移行

ポイントサイトで貯めたポイントは、マイルや現金などへ交換することができます。

ポイントサイトからポイントを直接マイルに交換することもできますがそうすると交換レートが低いんです。
一番高い交換レートで交換するには、交換レートが高いポイントサイトを経由してマイルに交換する必要があります。

ざっくりいうと

【ポイントがたくさん稼げる獲得用ポイントサイト】
 →【交換レートが高い交換用ポイントサイト】
 →【マイル】

です。

【ANAの交換ルート】
ポイントサイトで取得したポイントが0.9倍でANAマイルに交換できます。
なぜ毎月2万マイル(実際は1.8万マイル)と言っているかというと、メトロポイントからANAマイルに交換する際、月に2万ポイントまでという制限があるため、一番高い還元率で交換できるのは毎月1.8万マイルまでとなります。年間にすると21.6万マイルです。

もちろん還元率が下がってもよいなら、それ以上のポイントをTポイント経由で0.5倍でANAマイルへ交換も可能です。

ANA交換ルート

【JALの交換ルート】
ポイントサイトのポイントが、.money経由で0.52倍、Tポイント経由で0.5倍でマイルに交換できます。

JAL交換ルート

こうやってみると、ANAの方が交換レートが高いのでたくさんマイルが貯まりますね。

マイルへの交換方法を説明しましたが、現金にも交換することが可能です。
現金にする場合は、1ポイントは1円になります。
しかし、マイルに交換する場合は、1ポイントが0.9マイルになり、さらにスカイコインに交換すると0.9×1.5=1.35円相当になり、ANAの航空券、ツアーで利用する場合は現金にするよりマイルに交換した方がお得です。
例えば、ハワイの往復では、最低8万円くらいからですが、特典航空券だと4万マイルで行くことが可能なので、さらに現金よりマイルの方がお得です。

ポイントサイトでのポイントの貯め方

では、獲得用のポイントサイトで、どうやってポイントを貯めるのか。
ポイントサイトで特に高額なポイントをもらうためには、クレジットカードを発行、FX口座を開設し条件をクリアすることで、1件につき数万マイル程度になるポイントがもらえます。

【クレジットカード発行】
ポイントサイト経由で申し込むだけです。年会費のかからないものをなるべく選んで発行することで、無料で1万マイル程度もらえてしまうんです。
ずっと持ち続ける必要はないので、ポイントが付与されたらいつ辞めても問題ありません。初年度だけ無料というのもあるので1年経つ前にやめてしまえば問題ありません。
しかし、1度利用してきちんと支払いをすることをおすすめします。よいクレジット履歴が残るので今後の審査などで有利になると思います。
また、クレジットカードの発行には審査があるので、キャッシング枠は0円にして、毎月1枚ずつくらいの発行が望ましいです。

【FX口座開設】
一時的な入金金額と、数円〜数千円程度の出費をする可能性がありますが、1件に付き1万~2万マイル程度になるポイントがもらえます。
FXの運営業者によりポイント獲得条件は異なるのですが、だいたいFX口座を開設して、数万円入金、数回程度FX取引をするといったものです。

数回程度FX取引をする際に、勝ちを狙わずに即時に決済を行うことで、1回数10円から数百円の手数料程度の損失がでます。(勝つ場合もあります)

また、条件をクリアしてポイントが確定するまで約1か月かかります。その期間口座からお金を出金してはダメなところが多く入れたままにして、ポイントが付与されてから出金すれば大丈夫です。

FX口座は銀行口座と同じで何も取引しなくても持っているだけは無料です。
たった数1,000円の出費で1万マイルももらえてしまうんです。
クレジットカード決済だと、還元率1.5%の場合、100万円の支払いをしたとしても、たった1万5千マイルです。いかにおトクか分かると思います。

ポイントサイトを理解するのにもうお腹いっぱいと思います。
ほかにも貯める方法はありますが、他の案件はポイント数が低かったりするので時間がもったいないです。
まずは高額なポイントがもらえるクレジットカードとFXに絞ってやるのがおすすめです。

これを行うだけで2~3年は、毎月1.8万マイル、年間21.6万マイル分のポイントは貯めることができます

1度やったものは2回申し込めないので、2〜3年でもらえるものがなくなってしまいます。
そうなると、今度は友達紹介制度を利用して、友達に紹介することでポイントを貯めたり、外食や商品を購入してポイントをもらうようなこともできます。
2〜3年は個人でできる、そのあとも他の方法で貯めていけると思ってください。

楽天やYahooショッピングなどをは普段から利用している人も多いかともいます。
こちらもポイントサイト経由で利用すれば1%ですがポイントがもらえるので、こちらは利用してコツコツ貯めてください。

デメリット

ポイントサイトについて紹介してきました。
お金をかけずにマイルを貯めることができるんですが、デメリットをあげるとすると面倒なんです。
ポイントサイトで、クレジットカード発行、FX口座を開設するにも、身分証明書、マイナンバーのコピーなど手間がかかる入会手続きが必要です。

さらに、ポイントサイトでポイントを獲得してからマイルに交換するのにも、約3か月かかります。

  • ①ポイントサイトでポイントが確定するのに1か月
  • ②ポイントサイトからPEX(.money)へ交換するのに1週間
  • ③PEX(.money)からメトロポイントへ交換するのに1か月
  • ④メトロポイントからANAマイルへ交換するのに1か月

上記のような交換を毎月スケジュールを立てて行うという手間がかかります。

この手間を我慢さえすれば、いいんです。
ハワイが待っていますよ(笑)

貯めるならANA or JAL

ポイントサイトってすごい、がんばって貯めようと思った方、ではANAとJALのどちらを貯めますか?クレジットカード決済、ポイントサイトの交換レートはANAの方がいいです。
そのため、ポイントを貯めている方もANAの方が多いと思います。

しかも2016年は、夏にアメックスゴールド祭りといポイントばら撒き騒動(1人数百万ポイントをゲット)もあり、ANAのマイル保持者はかなり増えていると思います。
そのため、ANAのマイルを貯めて、いざ特典航空券を取ろうと思っても取れない可能性もあります。その場合は、スカイコインでマイルの1.5倍に交換して旅費に当てることもできます。

そのあたりのメリット、リスクを考慮してどちらにするか決めてください。

私のおすすめはやはりANAです。
特典航空券が取れないリスクがありますが、その際はスカイコインにすればいいという考えです。

おすすめのポイントサイト、貯め方

初級編②:おすすめポイントサイトまとめ!ANA JAL マイルを貯める(2018年最新)

2016.12.01

初級編③:ポイントサイトでおすすめの貯め方まとめ!ANA JAL マイルを貯める(2018年最新)

2016.12.22

順番に説明を見ていくのは面倒な方はこちら。
とりあえずハピタスからはじめて、実際にポイントがもらえることを体験してみましょう!

ANA JAL マイルの貯め方は?ポイントサイト ハピタスから!

2017.02.20



年間25万マイルが貯まる!?
毎年ハワイに行ける
ポイントサイトを解説




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です