2017年5月住宅ローン金利は大幅に下がると予想!5月の住宅金融支援機構債(フラット35)が決定!

住宅ローン

スポンサーリンク




来月の住宅ローン金利予測

毎月の住宅ローン金利は1日に銀行のHPで一斉に公開されます。
ただし、毎月15日、20日頃に来月の金利がどうなりそうかはある程度予測ができます。

  • 毎月15日:ソニー銀行の金利から推測
  • 毎月20日:フラット35の金利から推測

住宅ローン金利がいつごろ予測できるのかこちらの記事でお伝えしました。

住宅ローン金利 来月の予測 決まり方 2017

2017.02.04

毎月20頃に翌月の住宅金融支援機構債が発表されます。

4月20日に2017年5月の住宅金融支援機構債が発表されましたのでご紹介します。

スポンサーリンク

4月27日発行(2017年5月分)の住宅金融支援機構債

4月20日に2017年5月分の住宅金融支援機構債が発表されました。

今回の表面利率の部分をみてみましょう。
5月分の表面金利は0.40%と4月分は0.46%だったので、0.06%も下がりました。
直近低かった12月分の0.41%と同じ水準に戻りました。

5月分
※出典:住宅金融支援機構

さらに遡ってみると、今回の0.40%はマイナス金利がはじまって金利がかなり低くなた4月頃と同水準です。

住宅金融支援機構 発債情報
HP:http://www.jhf.go.jp/investor/shisan_tanpo/kihatsu.html

この金利に各銀行が利益を乗せたものがフラット35の金利になります。
こちらをみて、以下のように予測できます。

  • 翌月の金利が上昇 → フラット35の金利が上昇 
      → 他の住宅ローン金利も上がる可能性が高い
  • 翌月の金利が下降 → フラット35の金利が下降 
      → 他の住宅ローン金利も下がる可能性が高い

これまでの水位は以下の通りです。

2016年11月:0.34% 先月との差:▲0.03%
  → 11月フラット35:1.03% 先月との差:▲0.03%
2016年12月:0.41% 先月との差:+0.07%
  → 12月フラット35:1.10% 先月との差:+0.07%
2017年1月:0.48% 先月との差:+0.07%
  → 1月フラット35:1.12% 先月との差:+0.02%
2017年2月:0.46% 先月との差:▲0.02%
  → 2月フラット35:1.10% 先月との差:▲0.02%
2017年3月:0.47% 先月との差:+0.01%
  → 3月フラット35:1.12% 先月との差:+0.02%
2017年4月:0.46% 先月との差:▲0.01%
  → 4月フラット35:1.12% 先月との差:+0.00%

このようになり、表面利率の先月差がそのままフラット35の金利差になることが多いことがわかります。

2017年5月フラット35の予想

以上から5月フラット35の予想は以下のようになります。
0.06%下がるのですが、12月と同水準なので0.04%下がるのではと予想します。
上がるのは早いが、下がるのは遅い(笑)

2017年5月:0.40% 先月との差:▲0.06%
  → 5月フラット35の予想:1.08%

15日に発表されたソニー銀行の5月の金利は20年超え0.115%下がったのに対して、
フラット35の金利予想も0.04%下がる
予想です。

米国の利上げ発表後もそれほど、長期金利は変わっていませんでしたが、地政学リスクの影響、トランプバブルも陰りを見せてきており、株価も下がり米国の長期金利も下がってきました。
それによって、日本の長期金利も下がっています。
フラット35はなかなか下がりにくいですが、他の銀行の固定30年金利は、ソニー銀行のように大幅に下がると予想します。
思い切って下げるところもあるかもしれません。
0.04%〜0.1%の範囲で金利が下がりそうですが、各社対応が分かれそうです。

スポンサーリンク

長期金利の推移

住宅金融支援機構債の表面利率は、長期金利をベースに決まっています。
なので、毎月、住宅金融支援機構発債が20日ごろだとすると15日前後の長期金利をベースに決めています。その時に長期金利 10年国債の利回りをウォッチしてください。

地政学リスクの影響から急激に下がり、直近は0.01%まで下がっています。

長期金利推移
※出典:日本相互証券株式会社

過去1年分がこちらです。

長期金利推移
※出典:日本相互証券株式会社

日本相互証券株式会社 長期金利推移グラフ
HP:http://www.bb.jbts.co.jp/marketdata/marketdata01.html

まとめ

2017年5月フラット35の予想:1.08%

5月のソニー銀行の金利と5月のフラット35の金利予測から推測をみて、各銀行の長期固定金利も下がると予想しますが、0.04%〜0.1%の範囲で、各社対応が分かれそうです。

長期金利は、地政学リスクで0.01%まで下がりましたが、今月までかもしれません。
来月がチャンスかもしれません。
しかし、フランス大統領選挙など、世界情勢が変わる影響もありそうで、これまでの好景気が傾くようだと、金利は低くなりそうです。
次は6月に米国でさらなる利上げになるか5月に見通しが少しでますが、見送りになるようだと低金利が続くかもしれません。

私は昨年2回借り換えを行い、トータル800万円も節約しました。

住宅ローン借り換えました1回目約600万円節約(三菱東京UFJ銀行)

2016.09.28

住宅ローン借り換えました2回目さらに200万円節約(三井住友信託銀行)

2016.09.29

スポンサーリンク




年間25万マイルが貯まる!?
毎年ハワイに行ける
ポイントサイトを解説




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください