最新2017年10月住宅ローン金利比較 フラット35据置、長期固定は据置からやや下がる

住宅ローン金利発表

スポンサーリンク




最新2017年10月の住宅ローン金利を各銀行が発表

最新2017年11月住宅ローン金利 ソニー銀行 固定金利は上昇

2017.10.16

最新2017年11月フラット35金利は微増!住宅金融支援機構債が決定

2017.10.20

最新2017年11月住宅ローン金利比較 フラット35、長期固定は上昇

2017.10.31

本日、各銀行において、2017年10月の住宅ローン金利が発表されました。

2017年8月、9月は地政学リスクの影響などで長期金利も下がり、10月の住宅ローン金利はフラット35は据え置き、30年固定など長期固定金利は据置~やや下がるという結果になりました。

なお、フラット35は10月から制度変更となり、年1回支払っていた団信の保険が、金利に含まれようになりました。なので、10月からかなり上がったように見えますが、各銀行とは比較しやすくなりました。

各銀行の住宅ローン金利を比較してご紹介します。

スポンサーリンク

2017年10月の住宅ローン金利推移

それでは、最新の10月の金利を見ていきましょう。

フラット35の金利は0.04%下がり1.08%、各銀行の長期固定金利は0~0.015%下がりました

2ヶ月連続で下がりました。もう少し下がると思ったんですが。

【価格コム 住宅ローン比較】
  ・HP:http://kakaku.com/housing-loan/

フラット35の方が低いと思われがちですが、低金利の今は主要銀行の全期間長期固定金利も低いです。

10月からフラット35も団信が金利上乗せに変更になり、比較がしやすくなりました

フラット35と、長期固定金利が低い、三井住友信託銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行を見ていきましょう。

・フラット35 35年固定
  30年固定 16年8月 0.90%
   → 17年1月 1.12% → 2月 1.10% → 3月 1.12% → 4月 1.12%
   → 5月 1.06% → 6月 1.09% → 7月 1.09% → 8月 1.12%
   → 9月 1.08% → 10月 1.36%
   ※10月から団信分が金利に含まれるよう制度が変更。0.28%上乗せ

   10月は実質1.08%+0.28%と据え置き

・三井住友信託銀行
  30年固定 16年8月 0.75%
   → 17年1月 1.00% → 2月 1.05% → 3月 1.10% → 4月 1.12%
   → 5月 1.05% → 6月 1.05% → 7月 1.05% → 8月 1.10%
   → 9月 1.10% → 10月 1.10%

・三菱東京UFJ銀行
  30年固定 16年8月 0.95%
   → 17年1月 1.26% → 2月 1.23% → 3月 1.35% → 4月 1.35%
   → 5月 1.25% → 6月 1.32% → 7月 1.27% → 8月 1.33%
   → 9月 1.28% → 10月 1.28%

・みずほ銀行
  30年固定 16年8月 1.26%
   → 17年1月 1.14% → 2月 1.13% → 3月 1.10% → 4月 1.18%
   → 5月 1.12% → 6月 1.16% → 7月 1.16% → 8月 1.18%
   → 9月 1.17% → 10月 1.155%

30年全期間固定は、17年10月もダントツで三井住友信託銀行が一番低金利ですね。
10月からフラット35も団信が金利上乗せに変更になり、比較がしやすくなりました。
UFJ、みずほ銀行もフラット35よりおトクですね。

長期で借り換えを検討されている方は、10月も三井住友信託銀行がおすすめですよ。

三井住友信託銀行の金利

私がおすすめする三井住友信託銀行の10月の金利です。
30年固定以外も低金利です。

新規

三井住友信託銀行

借り換え

三井住友信託銀行

※出典:三井住友信託銀行

スポンサーリンク

2017年10月の金利予想結果

毎月の住宅ローン金利は31日夕方から銀行のHPで公開されます。
いち早くわかるのはソニー銀行の金利で、毎月15日ごろ、フラット35の金利のベースとなる住宅金融支援機構債が毎月20日ごろ発表にまります。
こちらの結果から、来月の金利がどうなりそうかはある程度予測ができます。

毎月15日:ソニー銀行の金利から推測
 →10月の金利は20年越え
毎月20日:フラット35の金利から推測
 →2017年10月:0.42% 先月との差:0.02%
  10月フラット35の予想:1.08%

各銀行とも下がるという予想でした。
フラット35は制度変更で1.38%でしたが、団信分が0.28%なので、1.08%とどんぴしゃでしたね。

2017年11月以降の住宅ローン金利予想

今後の金利はどのようになっていくのでしょう。
住宅ローン金利は長期金利で決まってきます。

長期金利の推移

8月、9月に入っての地政学リスクの影響などから長期金利が下降し、一時マイナスまで低下しました。
直近は急速に戻ってきています。

長期金利推移
※出典:日本相互証券株式会社

こちらが直近1年間の推移です。
長期金利推移
※出典:日本相互証券株式会社

こちらが直近10年間の推移です。
長期金利推移
※出典:日本相互証券株式会社

私の予想

長期国債金利が2か月低金利が続くと、翌月の金利がかなり下がる傾向にあります。
今回8月、9月が当てはまりましたが10月はそれほど下がりませんでしたね。

今後も引き続き地政学リスクがありますが、今までにないことが起きないとそれほど、影響が出なくなってきています。
今後は、年末に向けて企業の2Q決算が出始めたりと業績が好調だと長期国債金利も上がっていくと思われます。

したがって、直近はこの10月が底になると思います。

1回借り換えている方も、2回3回と借り換えが可能なので、2回目の借り換えも検討してみてください。

住宅ローン借り換えました1回目約600万円節約(三菱東京UFJ銀行)

2016.09.28

住宅ローン借り換えました2回目さらに200万円節約(三井住友信託銀行)

2016.09.29

スポンサーリンク




年間25万マイルが貯まる!?
毎年ハワイに行ける
ポイントサイトを解説




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です