ハワイで一度は行きたい高級ステーキハウス(ウルフギャングステーキハウス)

スポンサーリンク




ハワイと言えばステーキ

これまでにこのブログで、私がおすすめするハワイのレストランをいくつかご紹介してきました。

アメリカ、ハワイと言えばステーキです。
今回は、ドライ・エイジド・ビーフが食べられるウルフギャングステーキハウスをご紹介します。

スポンサーリンク

ウルフギャングステーキハウス

がっつりステーキが食べたくて有名なお店と言えば、高級ステーキハウスのウルフギャンスステーキハウスです。
旅行に行った時は、1つくらい高級店でご飯を食べたいですね。
日本でも六本木、丸の内、大阪、福岡でも食べられるようになりましたが、本場アメリカで、ハワイのリゾート感を満喫しながら利用したいです。

ウルフギャングが使用するのは、アメリカ農務省によって最上級と認定された黒毛のアンガスビーフです。これを熟成し香りも味わいも増したドライ・エイジド・ビーフを、オーダーを受けてからカットして提供されます。

おすすめは、サーロインとフィレを一度に楽しめるプライムステーキです。あとはシュリンプカクテルもおすすめです。また、付け合せのパンがまた美味しいです。
私の子供もパンばかり食べていました。美味しいところのパンはよく食べます。
パンが美味しいお店は間違いない(笑)。マリポサもそうでした。

値段はそれなりにします。特にワインが高い感じがします。

ウルフギャングステーキハウス

お得に利用するならハッピーアワー

もしお得に利用したい場合は、ハッピーアワーに利用するのがおすすめです。
毎日11:00-18:30まではバーエリアのみ、メニューを限定してリーズナブルに利用できます。12オンス(約340g)のサーロインステーキと付け合せのマッシュポテト、ほうれん草、そのうえチーズケーキもついて$39.95というスペシャルセット、ビールが5ドルです。
また、手頃なランチ限定メニューなどもあります。
ただし、予約はできませんので夕食は16時くらいに行かないと難しいようです。

スポンサーリンク

予約は必須

ディナーの場合も、人気店なので予約は必須です。

予約はホテルに直接電話する方法と、オープンテーブル(Open table)」というウェブサイトを使って予約が可能です。
また、HISなど旅行代理店経由で予約を取る方法もあります。

私のおすすめは、グレジットカードに付帯しているサービスで、無料でレストランを予約してくれるサービスです。カード会社によっては、旅先についてからしかできないところもありますが、VISAカードはVJデスクというところで日本にいる時から予約が可能です。さらに、ネットからだと2ヶ月前くらいからしかできないところもありますが、こちらは直接お店に電話して交渉してくれるのでもっと早くからも可能です。
こちらについては以下の記事を参考にしてください。

ウルフギャング

ハワイ レストラン予約 おすすめの方法(VISAカード)

2017年4月17日

お店の場所

ワイキキ店は、ロイヤル・ハワイアン・センターC館3階にあります。


※地図が表示されない場合はリロード(再読込)してみてください。

【ウルフギャング・ステーキハウス(Wolfgang’s Steakhouse)】
  ・HP:http://wolfgangssteakhouse.net/waikiki/
  ・予約:http://www.opentable.com/wolfgangs-steak-house-waikiki-beach
  ・電話:808-922-3600
  ・住所:2301 Kalakaua Ave. ロイヤル・ハワイアン・センターC館3階
  ・営業時間:11:00-23:30、ハッピーアワーは毎日11:00~18:30
   (バーのみ、予約不可)

スポンサーリンク




年間25万マイルが貯まる!?
毎年ハワイに行ける
ポイントサイトを解説




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください