2018年1月フラット35金利は上がる!1月住宅金融支援機構債が決定!

住宅ローン

スポンサーリンク




2018年1月の住宅金融支援機構債は僅かに上昇し、1月のフラット35は上昇予想

2018年2月住宅ローン金利予測!2月住宅金融支援機構債(フラット35)が決定!

2018.01.19

最新2018年1月住宅ローン金利比較 フラット35、長期固定とも上がる

2017.12.30

最新2018年2月住宅ローン金利 ソニー銀行 変動金利は下がり固定金利は上昇

2018.01.16
2018年1月の住宅金融支援機構債が発表になりました。

表面利率は先月より0.02%上昇し0.42%です。
この結果から1月のフラット35の金利は、上昇する可能性が高いです。

こちらについて、詳しく説明します。

スポンサーリンク

12月22日発行(2018年1月分)の住宅金融支援機構債

今回の表面利率の部分をみてみましょう。

1月分の表面金利は0.42%と12月分は0.40%だったので、0.02%上がりました。
今年の9月、10月と同じ水準です。

住宅ローン機構債
※出典:住宅金融支援機構

住宅金融支援機構 発債情報
HP:http://www.jhf.go.jp/investor/shisan_tanpo/kihatsu.html

この金利に各銀行が利益を乗せたものがフラット35の金利になります。
こちらをみて、以下のように予測できます。

  • 翌月の金利が上昇 → フラット35の金利が上昇 
      → 他の住宅ローン金利も上がる可能性が高い
  • 翌月の金利が下降 → フラット35の金利が下降 
      → 他の住宅ローン金利も下がる可能性が高い

こちらがこれまでの推移です。

2016年11月:0.34% 先月との差:▲0.03%
  → 11月フラット35:1.03% 先月との差:▲0.03%
2016年12月:0.41% 先月との差:+0.07%
  → 12月フラット35:1.10% 先月との差:+0.07%
2017年1月:0.48% 先月との差:+0.07%
  → 1月フラット35:1.12% 先月との差:+0.02%
2017年2月:0.46% 先月との差:▲0.02%
  → 2月フラット35:1.10% 先月との差:▲0.02%
2017年3月:0.47% 先月との差:+0.01%
  → 3月フラット35:1.12% 先月との差:+0.02%
2017年4月:0.46% 先月との差:▲0.01%
  → 4月フラット35:1.12% 先月との差:+0.00%
2017年5月:0.40% 先月との差:▲0.06%
  → 5月フラット35:1.06% 先月との差:▲0.06%
2017年6月:0.43% 先月との差:+0.03%
  → 6月フラット35:1.09% 先月との差:+0.03%
2017年7月:0.44% 先月との差:+0.01%
  → 7月フラット35:1.09% 先月との差:+0%
2017年8月:0.46% 先月との差:+0.02%
  → 8月フラット35:1.12% 先月との差:+0.03%
2017年9月:0.42% 先月との差:▲0.02%
  → 9月フラット35:1.08% 先月との差:▲0.02%
2017年10月:0.42% 先月との差:0%
  → 10月フラット35:1.36% 先月との差:0%
2017年11月:0.43% 先月との差:+0.01%
  → 11月フラット35:1.37% 先月との差:+0.01%
2017年12月:0.40% 先月との差:▲0.03%
  → 11月フラット35:1.34% 先月との差:▲0.03%
※10月から団信分が金利に含まれるよう制度が変更。0.28%上乗せ

このようになり、表面利率の先月差がそのままフラット35の金利差になることが多いことがわかります。

2018年1月フラット35の予想

1月フラット35の予想は0.02%上がると予想します。

2018年1月:0.42% 先月との差:+0.02%
  → 7月フラット35の予想:1.36%

16日に発表されたソニー銀行の1月の金利は20年超え0.004%下がったのに対して、フラット35の金利予想は0.02%上がる予想です。

最新2018年1月住宅ローン金利 ソニー銀行 固定金利は年数により上下

2017.12.16

各銀行の1月の金利も発表になりました。

最新2018年1月住宅ローン金利比較 フラット35、長期固定とも上がる

2017.12.30
スポンサーリンク

長期金利の推移

住宅金融支援機構債の表面利率は、長期金利をベースに決まっています。

なので、毎月、住宅金融支援機構発債が20日ごろだとすると15日前後の長期金利をベースに決めています。その時に長期金利 10年国債の利回りをウォッチしてください。

長期金利は、11月に0.02%まで下がっていたのですが、12月は少し上昇して0.045%前後で推移しています。

長期金利推移
※出典:日本相互証券株式会社

過去1年分がこちらです。

長期金利推移
※出典:日本相互証券株式会社

日本相互証券株式会社 長期金利推移グラフ
HP:http://www.bb.jbts.co.jp/marketdata/marketdata01.html

2018年1月住宅ローン金利の予想

2018年1月のフラット35の金利予想:1.36%

1月のソニー銀行の金利と1月のフラット35の金利予測から推測をみて、1月の各銀行の長期固定金利も少し上昇しそうです。

12月は米国の利上げがありましたが、市場は織り込み済みで長期金利には影響はありませんでした。

一時期下がっても0.02%だったので、0.02%〜0.1%の範囲でしか動きません。フラット35においては、2017年1年間の金利で最大と最小の差は0.08%です。下がるのを待っても、それほど変わりませんので、借り換えてもいいかもしれませんね。

私は昨年2回借り換えを行い、トータル800万円も節約しました。

住宅ローン借り換えました1回目約600万円節約(三菱東京UFJ銀行)

2016.09.28

住宅ローン借り換えました2回目さらに200万円節約(三井住友信託銀行)

2016.09.29

人気記事

住宅ローンを抱えつつも、ポイントサイトでマイルを貯めて、SPGアメックスでラグジュアリーホテルに宿泊と、無料で豪華な旅行を楽しんでいます。毎年ハワイに行けているのもこのおかげです。

旅行に興味がない方も、ポイントサイトはマイル以外に、現金にも交換できるので、住宅ローンの返済や、お小遣いなどに充てることもできますよ。やり方は、こちらの実績に書いています。

ポイントサイトの1年目の利用実績を公開!30万ポイント獲得(30万円分)

2017.08.25

SPGゴールド会員でシェラトンワイキキに6泊!メリットは?(最新)

2017.07.21

SPGアメックスでシェラトン・ザ・リッツ・カールトン東京にポイントで無料宿泊!メリットは?

2017.08.24

アメックスゴールドカード 55,000ポイント入会キャンペーン

2017.11.29

スポンサーリンク




年間25万マイルが貯まる!?
毎年ハワイに行ける
ポイントサイトを解説




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です