最新2018年1月住宅ローン金利比較 フラット35、長期固定とも上がる

住宅ローン金利発表

スポンサーリンク




最新2018年1月の住宅ローン金利が発表

最新2018年2月住宅ローン金利比較 フラット35、長期固定は据え置きまたは上がる

2018.02.01

最新2018年2月住宅ローン金利 ソニー銀行 変動金利は下がり固定金利は上昇

2018.01.16

2018年2月住宅ローン金利予測!2月住宅金融支援機構債(フラット35)が決定!

2018.01.19
本日、各銀行において、2018年1月の住宅ローン金利が発表されました。

2017年12月は長期金利が若干上昇し、1月の金利はフラット35、30年固定など長期金利も上がるという結果になりました。

各銀行の住宅ローン金利を比較してご紹介します。

スポンサーリンク

2018年1月の住宅ローン金利推移

最新の1月の金利を見ていきましょう。

フラット35の金利は0.02%上がり1.36%、各銀行の長期固定金利は軒並み金利は0.02~0.05%上がりました

【価格コム 住宅ローン比較】
  ・HP:http://kakaku.com/housing-loan/

長期固定の中で私がおすすめする銀行は、金利が一番低い三井住友信託銀行です。

フラット35の方が低いと思われがちですが、低金利の今は主要銀行の全期間長期固定金利も低いです。

10月からフラット35も団信が金利上乗せに変更になり、比較がしやすくなりました。

フラット35と、長期固定金利が低い、三井住友信託銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行を見ていきましょう。

・フラット35 35年固定
  30年固定 16年8月 0.90%
   → 17年1月 1.12% → 2月 1.10% → 3月 1.12% → 4月 1.12%
   → 5月 1.06% → 6月 1.09% → 7月 1.09% → 8月 1.12% → 9月 1.08%
   → 10月 1.36% → 11月 1.37% → 12月 1.34%
   → 1月 1.36%
   ※10月から団信分が金利に含まれるよう制度が変更。0.28%上乗せ

・三井住友信託銀行
  30年固定 16年8月 0.75%
   → 17年1月 1.00% → 2月 1.05% → 3月 1.10% → 4月 1.12%
   → 5月 1.05% → 6月 1.05% → 7月 1.05% → 8月 1.10% → 9月 1.10%
   → 10月 1.10% → 11月 1.15% → 12月 1.15%
   → 1月 1.20%

・三菱東京UFJ銀行
  30年固定 16年8月 0.95%
   → 17年1月 1.26% → 2月 1.23% → 3月 1.35% → 4月 1.35%
   → 5月 1.25% → 6月 1.32% → 7月 1.27% → 8月 1.33% → 9月 1.28%
   → 10月 1.28% → 11月 1.32% → 12月 1.32%
   →1月 1.36%

・みずほ銀行
  30年固定 16年8月 1.26%
   → 17年1月 1.14% → 2月 1.13% → 3月 1.10% → 4月 1.18%
   → 5月 1.12% → 6月 1.16% → 7月 1.16% → 8月 1.18% → 9月 1.17%
   → 10月 1.155% → 11月 1.195% → 12月 1.195%
   →1月 1.215%

30年全期間固定は、18年1月も三井住友信託銀行が一番低金利ですね。みずほ銀行もフラット35よりおトクです。

長期で借り換えを検討されている方は、1月も三井住友信託銀行がおすすめですよ。

2018年1月の金利予想結果

毎月の住宅ローン金利は31日夕方から銀行のHPで公開されます。
ただし、毎月15日、20日頃に来月の金利がどうなりそうかはある程度予測ができます。

毎月15日:ソニー銀行の金利から推測
毎月20日:フラット35の金利から推測

住宅金融支援機構債 表面利率
 2018年1月:0.42% 先月との差:+0.02%
  → 1月フラット35の予想:1.36%

16日に発表されたソニー銀行の1月の金利は20年超え0.004%下がったのに対して、
フラット35の金利予想は0.02%上がり1.36%との予想で、各銀行とも上がるという予想でした。

スポンサーリンク

2017年の振り返り

昨年のようなマイナス金利による超低金利ではなくなりましたが2017年度も低金利でした。2017年は地政学リスクの影響で8月に金利が下降し、9月上旬には一時マイナスになりました。各銀行は、一時的な低下には追従せず、2017年に一番金利が低かった時期はバラバラとなっています。去年のマイナス金利の影響から1月が若干総じて低かった印象です。

長期金利推移
※出典:日本相互証券株式会社

 ・フラット35       :5月、12月1.34% 
 ・三井住友信託銀行(30年固定):1月1.00%
 ・UFJ銀行(30年固定)    :1月1.26%
 ・みずほ銀行(30年固定)   :3月1.10%

また、2017年10月にフラット35の制度変更があり、団信が金利表示に含まれることになりました。

2018年2月以降の住宅ローン金利予想

今後の金利はどのようになっていくのでしょう。
住宅ローン金利は長期金利で決まってきます。

長期金利の推移

直近ではやや落ち着き0.04~0.055%の間で推移しています。

長期金利推移
※出典:日本相互証券株式会社

こちらが直近10年間の推移です。
長期金利推移
※出典:日本相互証券株式会社

私の予想

今後は特にイベントもないので、あまり長期金利も大きく変わらないのではないでしょうか。
直近3か月をみると0.02%〜0.08%の範囲でしか動いていません。フラット35においては、2017年1年間の金利で最大と最小の差は0.08%です。下がるのを待っても、それほど変わりませんので、借り換えてもいいかもしれませんね。

時期でみると、年度末の3月に通常の長期金利の推移以上に、金利を下げて利用者を増やすこともあります。大きく変わらないようなら3月を狙ってみるのもいいかもしれません。

長い目でみると、まだまだ低金利です。
1回借り換えている方も、2回3回と借り換えが可能なので、2回目の借り換えも検討してみてください。

住宅ローン借り換えました1回目約600万円節約(三菱東京UFJ銀行)

2016.09.28

住宅ローン借り換えました2回目さらに200万円節約(三井住友信託銀行)

2016.09.29

人気記事

住宅ローンを抱えつつも、ポイントサイトでマイルを貯めて、SPGアメックスでラグジュアリーホテルに宿泊と、無料で豪華な旅行を楽しんでいます。毎年ハワイに行けているのもこのおかげです。

旅行に興味がない方も、ポイントサイトはマイル以外に、現金にも交換できるので、住宅ローンの返済や、お小遣いなどに充てることもできますよ。やり方は、こちらの実績に書いています。

ポイントサイトの1年目の利用実績を公開!30万ポイント獲得(30万円分)

2017.08.25

SPGゴールド会員でシェラトンワイキキに6泊!メリットは?(最新)

2017.07.21

SPGアメックスでシェラトン・ザ・リッツ・カールトン東京にポイントで無料宿泊!メリットは?

2017.08.24

アメックスゴールドカード 初年度年会費無料で21,000ポイント入会キャンペーン

2017.11.29

スポンサーリンク




年間25万マイルが貯まる!?
毎年ハワイに行ける
ポイントサイトを解説




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください